メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#自宅で楽しむ動物園・水族館

第4回・アクアマリンふくしま「工夫を凝らした投稿でステイホームを楽しく」

中央下の写真は、マナマコに乗られても全く動じないホウボウ。「じっと耐える #ホウボウ」と2020年4月10日にツイートし、「いいね」の数が1000を超えた。

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月18日から臨時休館中だった「ふくしま海洋科学館」(福島県いわき市)が1カ月ぶりに営業を再開した。「アクアマリンふくしま」の愛称で親しまれている同館は、休業中もツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を更新し、生きものたちを写真や動画で紹介。「外出自粛でストレスがたまる日々を過ごす皆さんに、ツイッターで少しでも癒やしや楽しみを提供したかった」と語るのは、企画チームに所属する金成美枝さんだ。【西田佐保子】

反響が大きかった2020年3月11日のツイート

泳ぐ「フジクジラ」の貴重な姿も動画投稿

 2000年7月15日にオープンしたアクアマリンふくしまは、暖流の黒潮と寒流の親潮がであう「潮目の海」をテーマにした、800種を超える生物を展示する東北最大級の水族館。11年3月11日に起きた東日本大震災の津波で被災し、約9割の生きものを失ったが、同年7月15日に営業を再開した。

 ツイッターは、「展示生物に興味を持ってもらいたい」との思いで11年8月にスタート。生きものの写真や動画は、広報担当者を中心に撮影している。毎日ツイートするよう心がけているものの、ネタが思いつかなかったり、写真や動画が思ったように撮れなかったりして苦労することも。「それでも、皆さんに『いいね』やリツイート、コメントをいただくとうれしい。もっと楽しんでいただける投稿をしようという意欲にもつながる」と金成さんは語る。

2020年4月22日のツイートでの「#カワウソを探せ!」クイズ。正解は同日のツイートで発表されている。

 休館中には、園内の木陰などで休むユーラシアカワウソ8匹を写真の中から探すクイズを出題したり、フォロワーから要望のあった生きものの画像をツイートしたりするなど、外出自粛中の人たちを楽しませるため、アイデアを絞った。オンライン会議やバーチャル飲み会用の「アクアマリンふくしまオリジナル壁紙」を配信するなど“使える投稿”も人気だったという。

 ただ、金成さんが「水族館で直接見てもらえず、残念だった」と語るのは、いわき市の漁師から譲り受けた深海ザメ「フジクジラ」だ。飼育員も生きている姿を見るのは初めてだったというフジクジラは、水深200~1300メートルの海に生息する深海魚。4月17日に搬入されたが翌18日から臨時休館になり、25日に死んだ。そんなフジクジラが泳ぐ貴重な動画は、4月18日の投稿で見られる。

 4月7日の緊急事態宣言発令後、アクアマリンふくしまでは前年度の2割弱まで来館者数が減少。同18日から臨時休業となったが、県の緊急事態宣言の解除を受け、丸1カ月たった5月18日に営業再開した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、入館前にはサーモグラフィーで入館者の体温を測定。マスク着用や手洗いなどの徹底を呼びかけている。31日までは、県外からの来館の自粛を求めているが、「また心置きなく外出できる日が訪れたら、ぜひ生きものたちに会いにきてほしい」と金成さん。「営業再開後もツイッターで情報発信していくので、楽しんでもらえればうれしい」と続けた。

アクアマリンふくしま

公式ウェブサイト:https://www.aquamarine.or.jp/

ツイッターアカウント:https://twitter.com/aquamarinestaff

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです