特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ対応で病院や歯科医、苦境に 「外来患者減り収入減」 大阪の各団体会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大による医療・介護現場への影響について記者会見する大阪医療労働組合連合会(大阪医労連)の前原嘉人書記長(右から2人目)ら=大阪市中央区の大阪府庁で2020年5月20日午前10時34分、宮川佐知子撮影
新型コロナウイルスの感染拡大による医療・介護現場への影響について記者会見する大阪医療労働組合連合会(大阪医労連)の前原嘉人書記長(右から2人目)ら=大阪市中央区の大阪府庁で2020年5月20日午前10時34分、宮川佐知子撮影

 新型コロナウイルスへの対応に追われる医療・介護や歯科医の各団体が20日、大阪市内でそれぞれ記者会見し、現場の声を集めた調査結果を公表した。感染を恐れた一般患者の減少による経営難や、マスクなどの物資不足など厳しい現状を訴え、行政による適切な支援を訴えた。

 大阪医療労働組合連合会(大阪医労連)は4月末から5月中旬に医療・介護系の経営者と従事者ら計約120人に聞き取り調査を実施した。

 経営者からは、経営難や倒産を案ずる回答が目立った。理由は、健康診断の中止や外来患者の減少▽デイサービスなどの縮小による減収▽感染対策のための出費▽新型コロナ用病床の確保による他の医療体制の縮小――など。複数が運転資金の借り入れを予定しており、返済への不安も抱えていた。感染の第2波に備え「いつまでこの体制を維持するのか」との声もあった。従事者からは、感染リスクのストレス▽家庭への影響▽人員不足や業…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文822文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集