メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住民の飼い猫数匹郊外に遺棄 秋田県警官 ふん尿被害に悩み「殺すつもりはなかった」

秋田県警本部=高野裕士撮影

 秋田県警の男性警察官が自宅近くの家で飼われていた猫数匹を秋田市郊外に遺棄していたことが20日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、警察官は数年前から自宅敷地内での猫のふん尿被害に悩み、対策を講じたが効果がなかったため、敷地内におりを設置して2~3月に複数匹の猫を捕獲して山の近くに放した。飼…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 尼崎市の商店街で火災 焼け跡から男性の遺体

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです