メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ模した五輪エンブレム 外国特派員協会が掲載 組織委が取り下げ要求

日本外国特派員協会の月刊誌に掲載された、東京オリンピックの大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザイン=同協会のホームページより

[PR]

 日本外国特派員協会が月刊誌に東京オリンピックの大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインを掲載し、波紋が広がっている。大会組織委員会は「世界中に多大な被害が出ている中で配慮を欠いた行為」と批判し、著作権侵害に当たるとして協会に取り下げを求めている。

 デザインは協会の月刊誌「NUMBER 1 SHIMBUN」の4月号の表紙に掲載された。協会の公式ウェブサイトでも公開されている。大会エンブレムの作者はアーティストの野老(ところ)朝雄さん。江戸時代に「市松模様」として広まったチェッカーデザインを円形に並べた。一方、月刊誌に掲載されたデザインは大会エンブレムにウイルスの形を織り交ぜ、下に新型コロナウイルス感染症を意味する「COVID―19」の文字を入れている。

 ツイッター上では「防疫より五輪開催を優先した日本政府の姿勢を皮肉っている」「趣味の悪い行為」「(撤回の要請は)目くじらを立てすぎ」などさまざまな意見が出ている。組織委によると19日現在、協会から回答は来ていない。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです