メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

クラウドファンディングで舞台を救え ネットに架空の劇場

演劇プロデューサーの松田誠

 新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている舞台を守ろうと、舞台専門の配信プラットフォーム「シアターコンプレックス」の設立を目指したクラウドファンディングが今月から始まった。発起人は「テニスの王子様」「刀剣乱舞」などの2・5次元ミュージカルを手がけてきた、演劇プロデューサーの松田誠。ネット上に架空の劇場を作るイメージで、過去の舞台映像の配信や、今後上演される舞台の生中継などを検討している。

 音楽、出版、インターネットなど幅広い業種から協力企業が名を連ねている。舞台関係者の生活を守れるよう新たな仕事を生み出す目的で、俳優やミュージカルファンの意見を取り入れながらオリジナル番組の配信も計画している。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです