メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県ラグビー協会、運営体制を強化 横領事件受け /埼玉

 県ラグビーフットボール協会(熊谷市)は20日、元職員による業務上横領事件を受けて第三者委員会がまとめた最終報告書の概要を発表した。再発防止策として4月以降、専従の事務局長を置くなど、運営体制を改めた。

 第三者委は事件の一因として会計処理のずさんさを挙げ、決裁制など会計ルールの整備▽帳票類の管理の徹…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです