メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夜中に目が覚めて、一瞬、自分がどこにいるのかわからなくなる。自分の家ではないことだけは確かなのに、思考はそれ以上進まず、前進を、いや後退でもいいが、とにかく動きを促そうと手を搔(か)こうとするが、ぴくりとも動かず、混乱と怯(おび)えだけが増殖する。

 一見、何の変哲もない壁、しかし明らかにその向こうで怒号でも身震いでもある過剰なものらがわずかばかりの空気を、隙間(すきま)を、奪い合って激しくもみ合い、いまにもひび割れそうになっている壁の、それでも穏やかで滑らかな表面に、すっと一筋の水らしきものが流れ落ちるようにして、ホテルだ、島のホテルにいるのだ、という声ならぬ声が聞こえくる、というか、通り過ぎた瞬間、手が、不愉快な蚊を追い払おうとするかのごとく宙を勢いよくえぐり取る。

 ベッドで上体を起こしたまま、しばらく闇を見つめるが、何度かえぐられた闇は、もちろんその分だけ薄くなっているということはない。むしろ濃くなっているようだ。

この記事は有料記事です。

残り1796文字(全文2212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです