メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

裁判員に法廷外で会ってはダメ? 公正な審理のため 接触や情報提供を禁止=回答・遠山和宏

東京・霞が関の東京地裁にある評議室=尾籠章裕撮影

 なるほドリ 刑事裁判に市民が加わる裁判員(さいばんいん)制度が始まって11年だね。定着したように見えるけど、トラブルはないの?

 記者 なくはありません。静岡地裁浜松支部で2019年12月に開かれた放火(ほうか)事件の裁判員裁判で、審理に参加していた裁判員に、傍聴人(ぼうちょうにん)が接触する出来事がありました。裁判所の敷地外でしたが、傍聴人は「自分も被告(ひこく)に家を燃やされた」という趣旨の話をしたそうです。判決はまだ言い渡されていませんでした。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです