メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

夏の甲子園も中止 部活の成果発揮する場を

[PR]

 新型コロナウイルスの影響を受け、8月に阪神甲子園球場で予定されていた全国高校野球選手権の中止が決まった。春の選抜大会に続いて甲子園大会を開催できないのは、残念というほかない。

 各都道府県の代表を決める地方大会も中止される。休校は長期化し、多くの学校では部活動はおろか、通常の授業も再開できていない状態だ。

 地方大会は大半が7月中に行われるのが通例だが、今年は感染の収束が見通せない中、それが難しくなっていた。

 仮に甲子園大会を開催したとしても、集団での長距離移動や宿泊が必要となり、選手や関係者の感染リスクを完全に排除することが難しい。若くても感染して重症化すれば、命にも危険が及ぶ。選手たちの健康を第一に考えた判断といえる。

 とはいえ、このまま3年生が部活動を終えるのは忍びない。感染の再拡大も懸念される中、選手たちの安全確保はもちろん大前提だ。その上で、日ごろの練習の成果を発揮できる何らかの「最後の舞台」を用意できないだろうか。

 各地の高校野球連盟からは独自に地方大会を実施しようという声が高まっているという。そのためには、夏休み期間などを利用することもできるだろう。

 軟式の全国高校選手権も併せて中止となったが、地方の高野連関係者は最善を尽くしてほしい。

 全国高校総合体育大会、全国中学校体育大会も既に中止が決まっている。中高生の部活動の集大成として目標とする全国大会が次々と取りやめになり、選手たちの落胆は想像に難くない。

 全国高校体育連盟も、各都道府県の高体連に対し、3年生が出場できる地元での大会開催など救済策を求めている。地方の競技団体はそうした要望を受け止め、ぜひとも実現してほしい。

 運動部活動だけではない。吹奏楽や合唱の全国コンクールなども相次ぎ中止となっている。文化系の部活動にも、発表の場を設けるなどの配慮が必要だ。

 仲間と一つのことに打ち込んだ若い頃の経験は貴い財産になるだろう。部活動の素晴らしさを実感できる機会を作るため、大人も知恵を絞りたい。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです