メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米IT、さまざまなテレワーク=パロアルトインサイトCEO・石角友愛

パロアルトインサイトCEO 石角友愛氏

 日本では新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された地域もあるが、私が住む米国では死者数が9万人を超え、いまだに油断禁物の状態が続いている。テキサス州などでは最大定員数の25%を超えないという条件つきで飲食店などの再開をいち早く行い、段階的にジムなどの施設も再開したが、感染者数は増える一方で、消費者が安心して街に出られる日はまだ遠い。

 そんな中、シリコンバレーやシアトルの巨大IT企業ではテレワークをどこまで維持するかで異なる対応がとられていて興味深い。例えば、フェイスブックやグーグル、不動産マッチングサイト大手のジローでは、社員のほとんどが年内はテレワークを続けると発表した。アマゾンは「効果的に」テレワークができる社員に関しては、10月まで可能と発表。多くのIT企業がテレワーク推進や延長を図る中、対照的なアプローチをとっている…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです