メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

新型コロナ 女性 家事・育児、外出自粛で負担重く

休校中に家庭学習する小学生の女児。食費や光熱費に加え、学習面をサポートする負担も親にのしかかる

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛や在宅勤務が広がる中、家庭では家事・育児の負担や食費などの出費が増加し、生活を圧迫しつつある。京都大の落合恵美子教授(家族社会学)によるウェブアンケートでは、特に子どもを持つ女性にしわ寄せが及んでいることが浮き彫りになった。落合教授は「『ステイホーム』が叫ばれる中、特に女性が家庭のケアで疲弊し、仕事の継続にも影響が出かねない状況だ」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです