メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ ラグビー界から恩返し 東京慈恵医大病院へ物資

医療物資を運ぶ元ラグビー日本代表主将の菊谷崇さん=ラグビーキッズ提供

 新型コロナウイルスの治療の最前線にいる医療従事者を応援しようと、ラグビー関係者がクラウドファンディングで寄付金を募り、ガウンやマスク、手袋などの医療物資950セットを20日、東京慈恵会医大病院(東京都港区)に届けた。

 ラグビースクールの交流や競技普及などを行う「ラグビーキッズ」(大阪府豊中市)が企画した。新型コロナで満足に練習できない子供たちを励まそうと現役や元選手のメッセージリレーを始めたところ、元日本代表監督・故宿沢広朗さんの長男で、同病院で新型コロナの治療に携わる宿沢孝太医師から「メッセージに励まされた」とコメントが寄せられた。同医師は…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです