メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日田彦山線 BRT新案、福岡県・JR大筋合意 知事、東峰村説明へ

 2017年の九州北部豪雨で被災し一部不通が続くJR日田彦山線の復旧を巡り、福岡県の小川洋知事が同県東峰村に示したバス高速輸送システム(BRT)の専用道を延伸する新たな案について、県とJR九州が実現へ大筋合意していることが判明した。小川知事は24日に村で住民に方針などを説明し、25日以降にJR九州の青柳俊彦社長らとのトップ会談を開き決定する方向で調整している。

 JR九州は、彦山(福岡県添田町)―筑前岩屋(東峰村)間7・9キロを線路を取り除きバス専用道に整備するBRT案を示していた。複数の関係者によると、知事の新案は、専用道を大分との県境にある宝珠山駅まで6・2キロ延伸するもの。不通区間29・2キロに占める専用道の割合は27%から48%に増え、東峰村内は全線が専用道となる。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 日銀若手記者が直撃 (中)「日銀の政策は濃いグレー」元審議委員の警告

  5. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです