特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

安倍首相「責任ある」「批判真摯に受けとめる」 黒川氏の辞表提出で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒川弘務東京高検検事長の辞表提出や近畿3府県の緊急事態宣言解除について話す安倍晋三首相=首相官邸で2020年5月21日午後6時10分、竹内幹撮影
黒川弘務東京高検検事長の辞表提出や近畿3府県の緊急事態宣言解除について話す安倍晋三首相=首相官邸で2020年5月21日午後6時10分、竹内幹撮影

 黒川弘務東京高検検事長が21日、東京都内の新聞記者宅で賭けマージャンをしていたことを認めて森雅子法相に辞表を提出したことを受け、安倍晋三首相は同日、首相官邸で記者団に「総理大臣として責任がある。批判は真摯(しんし)に受けとめたい」などと述べた。この問題を巡るやり取りの全文は以下の通り。【花澤葵】

 ――黒川検事長が辞表を提出しましたが、その受け止めもお願いします。

 ◆はい。先ほど森法務大臣より報告を受けました。黒川検事長から事実関係を確認したので、厳正に処分を行った。その上で辞表が、辞意が表明されたので、了解をしたという報告がございました。私としては、この法務省としての対応を了承したところであります。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文891文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集