特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

FRB、ゼロ金利解除「失業率などに一定の目標値」設定を検討 4月会合議事要旨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影
米国国旗の星条旗=2018年1月、高本耕太撮影

 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、ゼロ金利政策と米国債などを大量に購入する「量的緩和」政策の継続を決めた4月28、29日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。参加者は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う米経済の長期低迷を懸念。金融緩和の効果を高めるため、ゼロ金利解除の条件として失業率などに一定の目標値を設定する可能性について検討した。また、一部の参加者は、FRBが国債買い入れにより短期・中期金利を適切な水準でコントロールする案に言及した。

 参加者は、個人消費や企業活動が新型コロナの感染拡大前の水準には「すぐには回復しない」との認識を共有。さらに、多くの参加者が「新型コロナが再流行する可能性が高い」との見方を示し、再流行すれば「長期的に深刻な経済低迷をもたらす」リスクがあると指摘した。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文674文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集