特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

データ通信量、平日昼間4割増 テレワーク拡大、集合住宅など停滞も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
IT企業「GMOインターネット」のオンライン入社式。テレワークの拡大でデータ通信量が大幅に伸びている=東京都渋谷区で2020年4月1日午後0時52分、吉田航太撮影
IT企業「GMOインターネット」のオンライン入社式。テレワークの拡大でデータ通信量が大幅に伸びている=東京都渋谷区で2020年4月1日午後0時52分、吉田航太撮影

 新型コロナウイルスをきっかけに在宅勤務や遠隔授業が広がり、インターネットのデータ通信量が増えている。緊急事態宣言の全面解除後もテレワークがある程度定着したこともあり、感染拡大前の2月下旬と比べて平日昼間で4割程度増加。現状では大きな遅延などのトラブルはないが、増加し続けるデータ量に今後どう対処していくべきかが課題となる。

 NTTコミュニケーションズによると、2月25~28日との比較でデータ通信量は右肩上がりとなっている。平日昼間の増加率は、3月30日~4月3日は25%、4月20~24日は49%、連休明けの仕事が本格的に始まった5月11~15日は55%となった。緊急事態宣言が一部地域で解除された後の5月18~22日は48%、全面解除後の25~29日は39%と鈍化したが、それでもコロナ以前と比べると約4割増加。夜間ピ…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1234文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集