国内最大の「秀吉像」 江戸時代の木造 大阪・大宮神社で見つかる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国内最大の木造豊臣秀吉坐像=大阪市旭区大宮3の大宮神社で2020年5月、矢追健介撮影
国内最大の木造豊臣秀吉坐像=大阪市旭区大宮3の大宮神社で2020年5月、矢追健介撮影

 大阪市教委は21日、江戸時代に作られた国内最大の「木造豊臣秀吉坐像」が同市旭区の大宮神社で見つかったと発表した。秀吉は1598年の没後、「豊国大明神」として神格化されたが、徳川幕府下では公に信仰できなかったとされ、その木像は全国でも二十数例しか確認されていない。発見された木像は寄せ木造りで頭部の冠は欠けているが、像高は81・9センチと最大。文化財保護課は「秀…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集