メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体育授業は「マスク不要」だけど「2メートル距離確保」 スポーツ庁、全国に通知

写真はイメージ=ゲッティ

 学校再開後の体育の授業について、スポーツ庁は21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「児童生徒の距離を2メートル以上確保」「屋外で実施が望ましい」などと全国の学校に通知した。マスク着用は呼吸困難や熱中症リスクを避けるため「必要ない」としている。中国では4月、マスクを着けて体育に参加した中学生が突然死する事故が相次ぎ、国内でもリスクを懸念する声が教育現場から上がっていた。

 文部科学省はこれまで「学校教育活動では通常マスクを着用する」としていたが、体育の授業中ついて具体的な言及はなかった。スポーツ庁の新たな通知では、運動時のマスク着用は十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症リスクが指摘されているため「体育の授業での着用の必要はない」との見解を示した。

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  4. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです