メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ差別で新聞協会が共同声明「節度をもった取材と報道に努める」 山中教授らと意見交換

 日本新聞協会と日本民間放送連盟は21日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い医療従事者や感染者らへの差別や偏見が問題になっていることを受け、「センセーショナルな報道にならないよう節度を持った取材と報道に努めていく」との共同声明を出した。

 声明は、感染者がデマを拡散されたり、医療従事者やその家族がホテルの宿泊を拒否されたりするケースが起きていることに懸念を示し「こうした事態が続けば医療従事者の離職を生み、医療崩壊の危機が高まることになる」と指摘。報道のあり方について「社会にとって有用な情報を、プライバシーを侵害しない範囲で提供するという観点から、議論を深めていく」と表明した。

 両団体は、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授ら専門家から差別・偏見防止策を共に検討するよう求められたことを受け、合同ワーキンググループ(WG)を設置し、ウェブ会議で意見交換をしてきた。【山本佳孝】

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです