メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解除見送り「今は我慢」「早く協力金を」 深夜営業再開も 首都圏・北海道の繁華街

緊急事態宣言が継続するなか、飲食店の明かりがともる夕暮れ時のJR新橋駅前=東京都港区で2020年5月21日午後6時36分、北山夏帆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、首都圏1都3県と北海道は解除が見送られた。長引く外出自粛などで経営難に陥る飲食店も少なくない。大型連休後に“緩み”が生じたとみられ、深夜営業を再開する店も出てきた。【村上正、五十嵐朋子、小出禎樹、菊地美彩】

 東京・新橋はサラリーマンが行き交う光景が戻りつつあるが、外食には慎重なようで、21日も多くの飲食店で客はまばらだった。

 都は、宣言発令から3日後の4月10日、休業や営業時間の短縮を要請。飲食店は営業を午後8時までに短縮するよう求めている。新橋のしゃぶしゃぶ店「あやとり」は、午後2時までの営業にとどめている。店長の西野太一さん(27)は「そろそろ解除と思っていたので見送りは残念」。売り上げは宣言前の3割程度で、時折ある常連客からの夜の予約を断るのが最もつらい。「今は我慢」と語った。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 柔道のGS東京大会開催断念へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです