特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

かつての日常戻るか にぎわい 期待と警戒 緊急事態近畿解除

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
徐々に人通りが戻ってきた大阪・ミナミの道頓堀=大阪市中央区で2020年5月21日午後3時28分、木葉健二撮影
徐々に人通りが戻ってきた大阪・ミナミの道頓堀=大阪市中央区で2020年5月21日午後3時28分、木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言は21日、大阪、兵庫、京都の3府県でもようやく解除された。住民の間では、かつての日常に近づくことへの期待や、消えることのない感染への警戒が交錯し、経済回復は遠いとの諦めの声も。1週間前に先行解除された他の近畿3県も通勤や観光で京阪神とのつながりは深く、さまざまな反応があった。

 大阪・ミナミの道頓堀周辺は人通りが戻りつつある。大阪市の男性会社員(56)は「飲食や観光を楽しめる雰囲気が徐々に広がる」と解除を喜んだ。お好み焼き店の女性店主も営業時間制限の解除を歓迎し、「遅くまで開く店が増えれば人通りも戻る。通常営業に戻すか検討したい」と期待。ただ、府県をまたぐ往来の自粛要請は続き、「かつてのにぎわいは当面戻らないのでは」とも話した。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1787文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集