特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

メディアと取材相手 大谷氏「緊張感必要」、鈴木氏「一線越えた」 黒川氏の賭けマージャンで注目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒川検事長の賭けマージャン疑惑が表面化した検察庁=東京都千代田区で2020年5月21日、宮間俊樹撮影
黒川検事長の賭けマージャン疑惑が表面化した検察庁=東京都千代田区で2020年5月21日、宮間俊樹撮影

 東京高検の黒川弘務検事長が緊急事態宣言中に賭けマージャンをしていた相手は新聞記者らだった。取材対象との関係などについて、メディアのあり方に詳しい識者に聞いた。

「ズブズブでいびつな関係」ジャーナリスト・大谷昭宏氏

 記者は取材相手に食い込むために、お酒を飲んだり、マージャンやゴルフをしたりすることもある。まして黒川氏は検察でいえばナンバー2だ。同業者としては複雑な思いもあり、建前で語りたくはない。

 ただ、取材する側とされる側の間には、一定の緊張感や冷静な目がなくてはならない。今回のように自宅マンションに招いて午前2時までマージャンをするというのは、緊張感のかけらもなく、ズブズブでいびつな関係を築いただけと言える。とんでもない話で到底、肯定できない。緊急事態宣言が発令されて国民に「3密を避けましょう」と呼びかける中で、公ともいえる立場の人がそれに背く行為をすることも間違っている。

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1216文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集