特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「第九」つなぎ元気を 鳴門市が合唱動画募集 編集しネット公開 徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
約600人が参加して開かれた「第九」交響曲演奏会。今年は全国から動画を募って「開催」される=徳島県鳴門市で2017年6月4日、松山文音撮影
約600人が参加して開かれた「第九」交響曲演奏会。今年は全国から動画を募って「開催」される=徳島県鳴門市で2017年6月4日、松山文音撮影

 徳島県鳴門市がベートーベン作曲の「第九」(交響曲第9番)を歌う動画を全国から募っている。鳴門は1918年6月1日にアジアで初めて全曲演奏された地で、毎年この時期に県内外の合唱団員による演奏会を開いてきた。今年は新型コロナウイルスの影響で延期したが、寄せられた動画をつないで合唱動画を完成させ、6月7日に動画投稿サイト「YouTube」で公開する。

 同市には第一次世界大戦時にドイツ兵捕虜の収容施設「板東俘虜(ふりょ)収容所」が設けられていた。人道的な処遇で知られ、捕虜らによるオーケストラ演奏も盛んで、102年前に第九が全楽章演奏された記録が残る。こうした経緯もあり、1982年に始まった第九演奏会は毎年続いていたが、来年3月に延期が決まり、演奏会とは別の形で第九を歌う場を作ろうと、市が動画制作を企画した。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文710文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集