メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同調圧力、相互監視…下向く世相に「自粛警察」横行 不満は解消しないのに

ライブハウスの店の看板に貼られた紙。「自粛してください。次発見すれば、警察を呼びます。近所の人」と書かれている。

 新型コロナウイルス感染拡大で営業を自粛する店舗が増えるなか、営業を続けたり再開したりする店や施設に対する嫌がらせや中傷が相次いでいる。インターネット上では「自粛警察」などと呼ばれ、過剰な正義感として問題となっている。専門家は「誰かを処罰することで自粛による不安や不満を解消しようとしている。差別につながりかねず、非常に危険だ」と指摘する。

 「バカ、死ね、潰れろ!」。横浜市中区の居酒屋「バンバン番長」は4月29日、店の扉に貼られたチラシに黒色のペンで落書きされた。店は感染拡大が深刻となった4月上旬以降、ランチタイムの営業を続ける一方、夜はテークアウトに切り替えた。チラシは祝日だった29日の休業を伝えるものだったが、「そのまま辞めろ!」とも落書きされていた。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです