メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界空手連盟、東京五輪の予選期間を延長 代表選考の見直しも

ウクライナ選手(左)と対戦する染谷真有美=パリで2020年1月、共同

 世界空手連盟(WKF)は20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期となった東京五輪の予選方式を修正して発表し、出場枠を争う五輪ランキングの対象期間を来年5月までに延長した。

 全日本空手道連盟関係者によると、佐合尚人と染谷真有美がそれぞれ代表に決まっていた組手の男子67キロ級と女子61キロ級…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 東邦ガスに頼れる25歳が復帰 高校、大学で日本一を知る藤浪と同期のあの男

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです