メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC会長「安倍首相から『来夏が最後の選択肢』」 東京オリンピック「無理なら中止」見解

安倍晋三首相(左)とIOCのバッハ会長

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は20日、来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックについて、英BBC放送(電子版)のインタビューで2021年に開催できなければ中止するとの見通しを明らかにした。

 バッハ氏は安倍晋三首相から来夏開催が「最後の選択肢」と伝えられていたことを明らかにし、「大会組織委員会がいつまでも3000人から5000人もの人々を雇い続けることはできない」と述べた。さらに延期できない理由として「毎年、世界の主要競技のカレンダーを変更することはできず、選手を不確実…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです