メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク和田、梨田氏退院に「ほっとした。ようやく安心できた」

和田毅投手

[PR]

 ソフトバンクの和田毅投手が21日、福岡市のペイペイドームでの練習後にオンラインで取材に応じ、母校の島根・浜田高の先輩で新型コロナウイルスに感染し入院していた野球解説者の梨田昌孝さん(66)が20日に退院したことについて「ほっとした」と語った。

 梨田さんが集中治療室(ICU)に入った際には「必ず良くなって、またペイペイドームに来ていただけると信じている」とエールを送った和田。「良くなっているという連絡はいただいていた。ようやく安心できた」と笑顔を見せた。

 また20日に夏の甲子園の中止が決まったことについて、「全国で(代替の)地方大会が開催されたら、優勝チームに練習などで1時間でもいいので甲子園で過ごさせてあげたい」と話した。

 和田は近く紅白戦に登板予定といい、「体はオープン戦の時に近い状態まで来ている。あとは試合での球数をクリアできれば」と語った。【黒澤敬太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです