メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレー・パナソニック新監督にフランス代表監督が異例の兼任へ 今秋リーグ戦から指揮

Vリーグ男子1部のパナソニック監督への就任が決まったフランス代表監督のティリ・ロラン氏=パナソニック提供

[PR]

 バレーボールVリーグ男子1部の強豪・パナソニックの新監督に、フランス代表監督のロラン・ティリ氏(56)が就任することが21日、明らかになった。ティリ氏は今秋のリーグ戦から指揮を執る予定で、フランス代表監督と兼任する異例の形になる。

 チーム関係者によると、パナソニックは今夏に開催予定だった東京オリンピック後の就任に向けて交渉していた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で五輪が来夏に延期されたため、代表監督も継続することになった。

 チームによると、ティリ氏は選手時代はフランス代表として1988年ソウル、92年バルセロナ五輪に出場。2012年にフランス代表監督に就任し、15、17年に世界のトップチームが参加するワールドリーグ優勝へと導いた。

 パナソニックは17~18年に全日本選手権、プレミアリーグ、黒鷲旗全日本男女選抜大会の3冠を達成し、日本代表にも多数を輩出する名門。川村慎二・前監督は12日に勇退を発表していた。【新井隆一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです