メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

起業家創業支援プログラム第6期を募集中!オンライン説明会あり〈毎日みらい創造ラボ〉

 毎日新聞社などで構成する「株式会社毎日みらい創造ラボ」(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤武夫)では、シード期(創業準備~初期)を対象とした第6期アクセラレーションプログラムを2020年7月から実施します。

  新型コロナウイルス感染拡大の影響でビジネス環境や慣行が大きく変わる中だからこそ、運営・メンタリングなどのプログラムのほぼすべてをオンラインで実施し、拠点など物理的ハードルにかかわらず「発想を事業に」変える機会を提供します。従前のきめ細やかなメンタリングと遜色ない高い質の支援で、起業家を全力で応援していきます。

 締め切りは5月31日まで。5月26日にはオンライン説明会を実施します。地方拠点で十分なメンタリングや相談機会を得られないと感じていた方などを含め、多くの意欲有る起業家の皆様のご応募、お待ちしております!

→詳細・応募フォームはこちらから(ホームページ内)

《第6期シード・アクセラレーションプログラム概要》

エントリー期間:2020年4月13日(月)~5月31日(日)※24時締め切り

プログラム期間:2020年7月1日(水)~2020年9月23日(水)

デモデイ:2020年10月5日(※予定)

募集対象者:どなたでも可(起業準備中、法人未設立も可。ただし、創業3年未満を原則とする)

募集テーマ:不問

出資:あり(最大300万円、採択チームの状況による)

選考方法:書類審査 → 選考面談 兼 1 dayメンタリング → 最終審査(6月23日)

応募方法:ホームページ内応募フォーマットより

詳細情報、FAQ(よくあるご質問)は、6期募集ページよりご確認下さい。

※プログラム応募にオンライン説明会の参加は必須ではありません

※新型コロナウイルスの収束状況に関わらず、原則としてプログラムは全面的にオンライン(ウェブ会議システム”zoom”をメイン活用)で提供する方針です。

※選考面談含め、通信環境については原則、応募者各位にご対応いただく形になります

《オンライン説明会&起業家無料セミナー》

5月26日(火)19時より、「先輩起業家に学ぶDay0 メンタリング ~“コロナ後の社会を変えたい”その想いをビジネスにつなげる」(PIAZZA・矢野晃平CEO登壇)を開催します。

(ご応募はPeatixより)http://ptix.at/hZsS8M

■〈株式会社毎日みらい創造ラボについて〉

ホームページ:https://mirailab.tech/

 株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)が、株式会社メディアドゥホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:藤田恭嗣)と株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原洋)の3社で設立した新規事業開発とオープンイノベーションの推進を目的にした事業会社です。

 2017年からシードアクセラレーションプログラムをスタートさせ、過去5回のプログラムで計21社への正式メンタリングを実施し、計14社に投資を実行しています(2020年4月現在)。

プログラムは、少数精鋭&ハンズオンの3ヶ月におよぶプログラムでスタートアップを様々な形で応援する内容で、チームごとの個別支援も展開しています。

【お申し込み】ラボホームページ内の応募フォームよりお願い致します。 

【本件に関するお問合せ先】

株式会社毎日みらい創造ラボ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです