メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー JFLから昇格目指す FC大阪 ラグビーの街で挑む

昨季のJFL最終節でプレーするFC大阪の選手たち=FC大阪提供

 サッカーのFC大阪が夢のJリーグ入りに向け、着実に歩みを進めている。2018年にJ3に次ぐカテゴリーの日本フットボールリーグ(JFL)で2位に入り、今年2月にはJ加入条件の「Jリーグ百年構想クラブ」にも認定された。「ラグビーの街」の東大阪市を本拠地に、ガンバ、セレッソに続く大阪府内3番目のJクラブを目指している。【大東祐紀】

 チームは、Jリーグ開幕3年後の1996年に発足。現在、クラブ社長を務める疋田晴巳さんをはじめ人材派遣会社員らの有志で同好会として発足した。大阪府の社会人リーグで一番下の5部からスタートし、順調に昇格。それでも草サッカーチームに過ぎず、J入りは夢のまた夢で、目標ですらなかった。だが、発足10年後の2006年に転機が訪れた。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. ORICON NEWS 山形県出身の峯田和伸&橋本マナミ、同郷舞台の純愛映画で共演

  4. 大阪モデル緩和 「社会を動かしていく」と主張した吉村知事は何を意識したのか

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです