メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

菊畑茂久馬さん 85歳=前衛美術家「九州派」

菊畑茂久馬さん

 戦後を代表する前衛美術家で、1980年代以降は大作の油彩画を手がけた福岡市在住の画家、菊畑茂久馬(きくはた・もくま)さんが21日、肺炎のため死去した。85歳。葬儀は近親者のみで営み、後日、お別れの会を開く。喪主は長男拓馬(たくま)さん。

 長崎市生まれ。福岡県立福岡中央高校を卒業し、56年、独立美術展に初入選した。反芸術を掲げ、57年に福岡で結成された前衛美術集団「九州派」に参加して頭角を現すが、主流派との路線対立で後に脱会。61年に東京・国立近代美術館で開かれたグループ展「現代美術の実験」に、男女に見立てた一対の丸太棒と大量の5円玉を使ったインスタレーション(空間芸術…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです