メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よく食べ眠り最長寿 イソコ42歳、ギネスに認定 京都市動物園「老猿ホーム」のアカゲザル /京都

飼育されている最高齢のアカゲザルとギネス世界記録に認定されたイソコ=2020年3月29日撮影、京都市動物園提供

 京都市動物園(同市左京区)の雌のアカゲザル「イソコ」が4月15日に42歳になり、「存命中の飼育されている最高齢のアカゲザル」としてギネス世界記録に認定された。アカゲザルは30歳でも長生きとされ、野生での平均寿命は15年ほど。3年余り前から同園内にある、冷暖房付きの「老猿ホーム」で暮らす。穏やかで争いを好まず「“高み”を目指さない性格」で世界最高齢という高みに至った。

 アカゲザルは西アジアから中国南部まで広く生息し、かつては実験研究のために盛んに用いられた。日本には本来いなかったが、千葉・房総半島にすみ着き、同属の日本固有種・ニホンザルとの交雑も知られている。同園によると、国内で群れで本格的に飼育している施設はまれという。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです