メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 祖父母の味、復活 海南・海鮮料理店「地魚さとう」 直伝レシピ弁当、苦境しのぐ /和歌山

店の前に立つ店主の佐東啓史さん(右)と母礼子さん=和歌山県海南市の地魚さとうで、木原真希撮影

 新型コロナウイルスの影響で飲食店が苦境に陥っている中、海南市船尾の海鮮料理店「地魚さとう」は、期間限定で弁当販売を始めた。約40年前、店主の佐東啓史(ひろふみ)さん(49)の祖父母が営んでいた弁当店のレシピを再現した。当時使っていたビニール袋も偶然発見し、懐かしの袋に弁当を入れて提供している。【木原真希】

 1980年ごろ、洋食の料理人だった祖父が24時間営業の弁当店「かあちゃん」をオープン。周囲にコンビニエンスストアもなく、長距離トラックの運転手や漁師らが夜間にも訪れ、1日に約800個の注文が入ったこともあったという。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです