メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐ平和

広島二〇二〇/13 外国人介護職員の支援を 梁燦宇さん(30)=西区 /広島

dium社長の梁燦宇さん=広島市西区の複合型介護施設「ありらんの家」で、中島昭浩撮影

 2019年4月に新設された在留資格「特定技能」を取得した外国人を支援する「登録支援機関」への登録を目指し、株式会社「dium」(西区)を設立した。社名は韓国語で「創造」を意味する。専門とする介護分野で、来日した外国人が抱える言語と労働の問題を解消する一助となるべく奔走している。

 祖父は戦時中、日本に職を求めて広島に来た在日コリアン1世で、父は02年に複合型介護施設「ありらんの家」(同)を創設した。

 高校卒業を控えたある日、大好きだった祖母から「誰ねぇ」と言われた。認知症だった。怖くなって亡くなるまで何もできなかった悔しさから介護の道へ進んだ。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです