メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨想定し救助訓練 救命ボート操作性確認 多久市天ケ瀬ダム /佐賀

避難が遅れた被災者に見立てた小城署員を乗せた救助用ボート

 小城署は21日、多久市南多久町天ケ瀬ダムで豪雨災害を想定した訓練を実施した。1月に配備した救助用ボートの組み立てと操作性を確認し、被災した住民に見立てた同署員の救出訓練をした。

 署員らは「訓練開始」の合図とともにボートの組み立てにあたった。10分ほどで電動空気入れなどで膨らまし、エンジンをつけて発…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです