メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家で長崎原爆、学ぼう 資料館や爆心地公園見学 動画で疑似体験 市民団体配信「平和考えるきっかけに」 /長崎

動画を製作した市民団体「ピースバトン・ナガサキ」の調代表

 平和学習を支援する市民団体「ピースバトン・ナガサキ」(長崎市)が、長崎原爆資料館や爆心地公園などの見学を疑似体験できる動画を製作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。自宅で原爆について学べる新たな教材で、同団体の調(しらべ)仁美代表(58)は「子どもたちが平和を考えるきっかけになれば」と期待する。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて資料館の臨時休館が決まった4月、被爆体験の継承機会が失われるのを懸念して企画。調さんの3歳の孫がユーチューブを利用するのを見て「ネットなら子どもの興味を引けるかも」とひらめいた。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです