メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 「9月入学」を考える

 新型コロナウイルスによる休校の長期化を受け、生徒らの進級・卒業時期を遅らせ、入学時期を来年から9月に変更する案が急浮上している。政府は6月上旬までに論点や課題を整理する方針だ。ただ大がかりな制度変更が必要になるなどの理由から、拙速だとして反対する意見も根強い。2人の識者に聞いた。

個別教育転換の好機 尾木直樹・教育評論家

 9月入学の議論には大前提が二つある。一つは子どもたちの学習機会が失われていることだ。子どもの学ぶ権利は憲法の理念であり、子どもの権利条約にも明記されている。それが4、5月の2カ月間、新型コロナウイルス対策の休校措置ですっぽりと抜け落ちてしまった。

この記事は有料記事です。

残り3644文字(全文3929文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです