メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 「9月入学」を考える

 新型コロナウイルスによる休校の長期化を受け、生徒らの進級・卒業時期を遅らせ、入学時期を来年から9月に変更する案が急浮上している。政府は6月上旬までに論点や課題を整理する方針だ。ただ大がかりな制度変更が必要になるなどの理由から、拙速だとして反対する意見も根強い。2人の識者に聞いた。

 9月入学の議論には大前提が二つある。一つは子どもたちの学習機会が失われていることだ。子どもの学ぶ権利は憲法の理念であり、子どもの権利条約にも明記されている。それが4、5月の2カ月間、新型コロナウイルス対策の休校措置ですっぽりと抜け落ちてしまった。

 2021年3月の卒業を前提に学校を再開すれば、時間不足のためカリキュラムは詰め込みになる。夏休みはなくなるし、冬休みもどうなるか分からない。春夏の甲子園や全国高校総合体育大会(インターハイ)もなくなった。文部科学省は学校行事の「工夫」や「検討」を促しており、運動会や文化祭、修学旅行もなくなるかもしれない。それで普通の学校生活と言えるのか。また、詰め込み指導をすれば、理解できる子とできない子との間…

この記事は有料記事です。

残り3464文字(全文3929文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです