メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日本のIT化覚悟は?=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 リモートワークやオンライン診療など、新型コロナウイルスの感染予防措置としてようやくインターネットの利用が広がっている。安倍晋三首相も、行政手続きや民間経済活動、教育などあらゆる分野で「デジタル化を一気に加速する」と発言していた。長年の仕組みを変えることは、利害関係者にとっては深刻な話であり、ネットの利用が狭い範囲に閉ざされてきた日本の過去に付き合ってきた私などは、悪い癖だが、覚悟はできているのかなあと疑ってしまう。

 インターネットの商用接続サービスを手がけるIIJを設立して30年近くになる。韓国や中国に招かれては、ネット事業を始めようとする若者たちと議論する一方で、古い体質のまま変わらぬ内外の電話会社を訪問しては何とか協力関係を作ってきた。「ネットは世界のあらゆる仕組みを変えるようになる」と繰り返し話したのだが、理解をされない宗教家のようなものだったのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです