連載

ひと

話題のひと、ニュースのひと、そのホットな人物をエピソードと経歴を交えて紹介します。

連載一覧

ひと

柴田敦巨さん=だれもが使いやすいスプーンを開発した

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
柴田敦巨さん
柴田敦巨さん

柴田敦巨(しばた・あつこ)さん(45)

 40歳の冬、耳下腺がんと診断された。看護師として多くのがん患者を見てきた。「自分もなってもうた」。「弱い人間」になったように感じた。さらに、治療を重ねるうちに口が開きにくくなり、食べることが苦痛になった。普通のスプーンは大きく、「食べこぼしたり、口の周りが汚れたりして、口にひとさじ入れるのも大変だった」。

 患者会で仲間と出会い、「だれもが使いやすいスプーンやフォークを作れば、皆が同じように前向きに生きられるのでは」と気付いた。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文708文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集