メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

人の不幸が大好きな母=回答者・立川談四楼

 同居の母は人の不幸が大好きです。ご近所のこと、ワイドショー、新聞記事――小さな子供が犠牲になった事件も「可哀そうにねえ」と楽しそうでした。人の幸福は許せません。私の趣味や外出の時に大きな音を立てたりおしゃれをおとしめたり、あの手この手で邪魔します。こんな根性の悪い人を粋にかわして、心楽しく暮らすにはどうすればいいでしょうか。(51歳・女性)

 「人の不幸は蜜の味」と言いますから、お母さんの気持ちも分からないではありません。もしかすると、人の不幸を笑うのはお母さんの娯楽なのかもしれませんね。それを話す時「楽しそう」というところにそれを感じます。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  2. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  3. 愛知・豊橋、岐阜・八百津、三重・桑名…各地で突風、竜巻か 「屋根飛ばされた」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです