メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー J1 横浜マ、有料配信盛況 新たな収益源期待

私服を披露したMF遠藤(左下)、MF仙頭(左上)、DF畠中(右上)の3選手。右下はFW大津=(c)Y.F.M

 新型コロナウイルスの影響で公式戦が中断する中、サッカー・J1横浜マが新たなファンサービスとして、選手によるオンラインの有料トークショーを開いた。リーグ戦は無観客での開催が想定され、クラブにとっては新たな収益源にしたい狙いもある。

 16、17の両日、ウェブ会議用のソフトを通じて計4回実施した。時間はサッカーと同じ90分間に設定。各回200人限定、2500円でチケットを…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです