メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

最後の1年、励みの場を=鈴木大地

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国高校総体(インターハイ)に続き、夏の甲子園(全国高校野球選手権)が中止されることになった。球児や監督、コーチら関係者の方々のショックは察するに余りあり、球児たちのひたむきなプレーを楽しみにしていた高校野球ファンの方々の落胆も大きい。日本高校野球連盟など大会主催者も断腸の思いだろう。多くの学校では休校に伴って部活動が中止されており、練習が十分ではない状態で大会を開催すれば、けがのリスクが高まると判断された。

 学生スポーツにとって「最後の1年」への思いはまた格別だ。仲間たちと練習を重ね、ともに力を発揮して最良の成果を得ようと努力する。選手個人にとっては、次のステージに進むためのアピールの場でもある。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです