「桜見る会」首相を告発 弁護士ら、公選法違反容疑で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭で、参加した多数の有権者に飲食を無償提供したなどとして、全国の弁護士ら約660人が21日、公職選挙法(寄付行為の禁止)違反と政治資金規正法違反(不記載)の容疑で、首相と後援会幹部ら計3人に対する告発状を東京地検に提出した。

 告発状によると、首相らは2018年4月…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文360文字)

あわせて読みたい

ニュース特集