メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗体調査「6月初旬から」東京、大阪、宮城で 1万人を対象に 政府

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 加藤勝信厚生労働相は22日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染後にできる抗体を保有している人の割合を把握する調査を、6月初旬から東京、大阪、宮城の住民約1万人を対象に始めると明らかにした。「社会全体の免疫の獲得状況を確認し、今後の感染拡大防止策の検討に活用していく」と述べた。

 抗体検査は、感染してから一定期間たった後に体内にできる抗体を、少量の血液から検出する方法。症状が出なかった人…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです