特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

菅官房長官「黒川氏訓告は適正な処分」 退職金は「プライバシー」、試算で5900万円か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、賭けマージャンを認めた東京高検の黒川弘務検事長(22日の持ち回り閣議で辞職承認)の処分が、人事院の指針よりも軽い「訓告」だったことについて「法務省が事案の内容などを総合的に考慮し、適正な処分が行われた」と述べた。また退職金について「個人の退職金額はプライバシーにかかわるものであり、答えは差し控える」と述べた。退職金は過去に重い懲戒処分がないと仮定した場合、約5900万円に上る…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集