フリーランス保護のガイドライン策定へ 全世代型社会保障検討会議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=本社ヘリから
首相官邸=本社ヘリから

 政府は22日、全世代型社会保障検討会議(議長・安倍晋三首相)を官邸で開き、特定の企業と雇用契約を結ばず仕事を請け負うフリーランスの保護に向けたガイドラインを策定する方針を決めた。事業者の指揮命令下にあり、実質的に雇用労働者に該当すれば労働関係法令が適用されることなどを明確化する。

 フリーランスは雇用労働者ではなく、個人事業主…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

あわせて読みたい

注目の特集