メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

矛盾では…「黒川氏必要不可欠」説明に、辞職後も検察は「適切に対応」 菅官房長官会見詳報

菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影

 東京高検の黒川弘務検事長の辞職や検察庁法改正案について、22日の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。政府は1月に黒川氏の定年の半年間延長を決定した際、「東京高検管内の重大かつ複雑困難な事件の捜査・公判に対応するため、黒川氏の指揮監督が必要不可欠だ」と説明してきた。しかし、菅氏は22日の会見で、黒川氏辞職後も検察当局は捜査・公判に「適切に対応していると思う」と述べ、黒川氏が「必要不可欠」とする従来の見解と矛盾する見方を示した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

 --黒川検事長の後任人事の検討状況と、森雅子法相の引責辞任の必要性について。

この記事は有料記事です。

残り2342文字(全文2617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです