特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

矛盾では…「黒川氏必要不可欠」説明に、辞職後も検察は「適切に対応」 菅官房長官会見詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影
菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影

 東京高検の黒川弘務検事長の辞職や検察庁法改正案について、22日の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。政府は1月に黒川氏の定年の半年間延長を決定した際、「東京高検管内の重大かつ複雑困難な事件の捜査・公判に対応するため、黒川氏の指揮監督が必要不可欠だ」と説明してきた。しかし、菅氏は22日の会見で、黒川氏辞職後も検察当局は捜査・公判に「適切に対応していると思う」と述べ、黒川氏が「必要不可欠」とする従来の見解と矛盾する見方を示した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

 --黒川検事長の後任人事の検討状況と、森雅子法相の引責辞任の必要性について。

この記事は有料記事です。

残り2342文字(全文2617文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集