メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府、米中対立激化に苦慮 国際協調呼びかけ 国連の機能不全を懸念

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り米中対立が激化する中、日本政府が対応に苦慮している。日本政府は国際協調の重要性を呼びかけているが、米国は「中国寄り」と批判する世界保健機関(WHO)からの脱退を示唆するなど対立が終息する気配はない。日本政府は米中関係がさらに悪化する事態を回避したい考えだが、有効策がないのが実情だ。

 「日本として危機克服に向け国際社会の取り組みをリードする」。安倍晋三首相は22日、国連のグテレス事務総長との電話協議で国際協調を重視する姿勢を強調した。協議では医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な途上国の保健危機防止や世界経済の早期回復の重要性で一致した。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです