メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外プロ野球、6月19日に開幕 当面は無観客で

首相「変節」に政権混乱 問われる整合性、自民幹部も不満 公務員定年見直し

衆院厚生労働委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年5月22日午後1時51分、竹内幹撮影

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が賭けマージャン問題で引責辞任した22日、安倍晋三首相は一般職国家公務員などの65歳までの定年引き上げを見直す可能性を示した。黒川氏の定年延長を「後付け」したとの批判を浴びた検察庁法改正案から、公務員の定年のあり方に矛先を変えさせ、政権浮揚につなげたい首相。だが、政策の根幹がぶれ続け、これまでの説明との整合性が問われる。森雅子法相の進退伺を提出するなど政権内部の混乱も露呈。迷走ぶりが際立っている。

 「安倍内閣は難しい改革も成し遂げるのが売り。それをやめても支持率は上がらない」。自民党幹部は22日、不満を漏らした。首相は国会答弁で「高齢期の職員の豊富な知識、経験などを最大限に活用する」と公務員の定年引き上げの必要性を繰り返し訴えてきた。それを根底から覆し、定年引き上げ自体を見直す方針転換を表明したことは与党にとっても寝耳に水で、冷ややかな声が広がる。野党からも「黒川検事長の問題を公務員たたき…

この記事は有料記事です。

残り2847文字(全文3264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 検察庁法改正案 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  5. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです