エフビズ、6月末で休止 不正受給で委託企業撤退 静岡・富士市発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 静岡県富士市は21日、中小企業の経営などの相談に応じる市産業支援センター「f―Biz(エフビズ)」を6月末で休止すると発表した。運営委託するイドム(本社・静岡市葵区)から派遣された専門家が国の事業で謝金や旅費を不正受給したと指摘されていた。

 市によると、経営の課題を解決するため、専門家が中小企業を訪問し、支援する事業で不正受給が確認された。イドムの派遣した専門家は企業に出向かないこともあった…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集